読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Singin' for you

時が過ぎて 大人になっても 大好きだよ

最近のJUMPについて色々

自分のブログをふと読み返してみて、JUMP全体のことには全然言及していなかったので、最近動向が激しいJUMPへの諸々感想等をここに残そう、と思っている。(自担へのことは散々書いてるので大幅割愛)

 

伊野尾くん『カラフト伯父さん』主演

いのちゃんがついに世間に見つかるときがきてしまった…。というか、今までが逆に隠されすぎた感も否めないが。いのちゃんがドセンの大きな看板が、渋谷に出るなんて!いつかはそうなると思っていたが、まさかこんなにも早く叶うとは。

…とは言っても、その理由はなんとなく分かる。最近伊野尾担を目にすることが以前と比べて格段に増えた。「伊野尾革命」という言葉も耳にするようになったが、本当に起こっているのかもしれない。

いのちゃんはゆるさやテキトー発言で有名だが、そのゆるさはいのちゃんのエゴではなく、JUMPに必要なものとして本人は無意識にその役割をしてくれているのではないかと思っている。いのちゃんの個性が、偶然か必然か、JUMPには欠かせない存在となっている。

『カラフト伯父さん』。主演舞台のプレッシャーは相当なものだと推測できるし、題材も震災ということで妥協は許されないテーマだ。この大仕事のチャンスを、ぜひいのちゃん自身、自分のものにしていただきたい。

 

薮くん『滝沢歌舞伎』出演決定

タッキーからご指名があって舞い込んだ仕事。その話を聞いて、「やっぱり、これこそ薮くんだなぁ」と改めて実感。薮くんはJUMPになってから、どこか「俺は見守ってるからいいよ」とでも言わんばかりに自ら身を引いてしまった気がする(個人的な主観だが)。だからこそ、今回の滝沢歌舞伎の話は、私としても嬉しかった。

 

山田くん『暗殺教室』で銀幕デビュー

ついにやってくれました!山田くん。映画の主演は大きい。個人仕事としても、JUMP全体にとっても。山田くんは常にファンの期待値を超える応え方をしてくれている気がするし、実際にそうできるように山田くん自身常に心がけているんだろう。公私ならば、完全に“公”の強い人。人気がずっと高い理由も、他担の私でもよく理解できる。今秋には『グラスホッパー』を控えているが、山田くんの演技仕事の幅を広げるチャンスが、この『グラスホッパー』だと思う。山田くんのこれからの活躍にも、ぜひ注目していきたい。

 

アーモンドキャラメルポップコーンCM

カレー以外でJUMP全体としてのCMは久しぶり?CMは全体的にポップで可愛い。まだまだフレッシュさを兼ね備えているJUMPに、これからの可能性を感じる。7メンはじっくり見れるのだが、BESTは動きが速くすぐに映像が切り替わってしまうので何回か見直した。BESTのダンスが難しそう。光くんのダンスは軸がブレないように意識したのか、顔の位置がほとんど動かないで手と腕だけでダンスしてる。だからよく見てみると、ダンスの振りの振動で体がカクカクなっている。そこが個人的な推しどころ。

 

s3art LIVE DVD

初回盤、手に入れるの苦労した。でも、探しまくって手に入れた甲斐あった。ソロアングル、マルチアングル、贅沢…。全体では揃ってるように見えるJUMPのダンスも、ソロアングルで見ると実は一人一人踊り方が結構違うことがわかる。なのに全体で見たらきっちり揃ってるのだから、やはりすごい。個人的には、disk1のアンコールあいありの光くんの生歌が、CDの音源の声よりも好きだと思った。昔の光くんの歌い方みたいだったから、余計にグッときた。

 

殺せんせーションズ*1

初回・通常両方購入。これは両方買って大正解!!BEST担は大満足だったのでは?少なくともソニックハンター担にとっては「課金してもいいよ…?」ってくらいソニたん尽くしだった。あぁ、これについてもここでまとめきれる自信が…ない。またしっかり見たらこれも別途記事に書こうかな。ちょっと気になったのが、コマンダーさんお疲れかな…?というところ。初回では結構登場率高かったけど、通常はあんまり…というか寝てるところ撮られてたり。映画主演だから、WSいっぱい出たり、バラエティー番組にもたくさんお呼ばれして、+レギュラーのお仕事と、撮影と…で本当にお疲れ様です。あなたのその頑張りに、多くの人が元気もらってます。

 

Chau# / 我 I Need You発売決定

最初タイトル読めなかった。Chau#はあのアーモンドキャラメルポップコーンのCMソング。我 I Need Youはリトラのエンディング曲になるらしい。特典がJUMPartyみたいに抽選で当たった人だけ…じゃなくて、通常盤初回プレス買えばみんな手に入れられる制度になってて、私はこっちの方が有難いと思った。『ジャンジャン答えて!! ジャン!ジャン!JUMQ』はどんな企画内容なのかまだわからないが、ファンの質問に答える的な感じなのかなぁー。未知。でも、こうして新しいことに取り組んでいってくれているのは嬉しい。

 

やはり、以前と比べてJUMPが全体的に仕事が増えている気がする。今が転換期なのか?それは後々になってみないとわからないが、チャンスをたくさん与えられているのは間違いない。本人たちの努力ももちろんそうだが、ファンも力の入れどきだと思う。これからJUMPの快進撃が始まる予感。このワクワクがたまらなく楽しい。

*1:JUMPに激似の9人の暗殺集団