読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Singin' for you

時が過ぎて 大人になっても 大好きだよ

岡本圭人の才能

1日経ってしまいましたが。昨日は圭人の誕生日でした!
もう彼も22歳なんですね、早いですね…ええ。
 
ということで、圭人について書こうかな、と。
 
正直私は圭人には最初まったく興味がなかった。むしろ嫌だった方かもしれない。Ya-Ya-yahを振り切ってデビューした光くんのグループに一人、どう考えても親の七光りっぽい奴がいた…それが圭人だった。出来レースすぎるその経歴に、私は「結局そういう世界だよなぁ」と、ヲタ離れしていったのを今でもよく覚えさている。
 
だけど実はあまり圭人のことを知らなかったんだと、後で気づくことになる。
大きな転機となったのは、10,000万字インタビューの彼の記事を読んだとき。親の七光りだと言われることを自覚し、自分の選択は軽すぎたのではないかという葛藤に耐え、JUMPに追いつこうと必死になり、JUMPの足を引っ張りたくない…と、もがいていたんだと改めて知って、申し訳ない気持ちになった。
 
彼は大きく大きく成長した。去年の少クラプレミアムで、圭人が初登場のときの映像が流れたが、首がすわっていなくて、薮くん光くんに当時の初々しさがどれくらいのものかを暴露されてた。でも、今は、ダンスや歌はもちろん、実はバラエティーの才能が開き始めてる、と勝手に予感している。
 
それを明確に意識したのは、リトルトーキョーライブ初回。ゆやけとひかで生放送ドッキリからの打ち合わせなしの番組初MC。
圭人の落ち着きようと、コメントの秀逸さと、間の取り方に驚いた。光くんは番組の紹介等でよく「トーク力に定評がある」と言われるが、光くんはトークが得意というよりは、とにかく言葉が思いつくのが早くてそれを思考回路通さずに喋ってる感じ。それに対して圭人は、頭で色々考えながら、話してる感じ。
この間のリトラ総集編でも、「涙落ちそうになった」って表現してて、うわぁ…やられた!と思った。
「泣きたくなった」でもなく「涙流しそうになった」でもなく、「涙落ちそうになった」なんだ〜〜。予測してない言葉きた〜って。
なんでしょう。圭人さん、もっと自信もっていいと思う。そのバラエティーでのトークの秀逸さと、限りない優しさと、JUMPのホーム的な癒し系キャラと…本当にJUMPには絶対欠かせない存在。自担の光くんも、結構困ったときは圭人に頼ってる感じあるし…(笑)本当に大切な存在。
 
去年はドラマ「ファーストクラス」にも出て、演技の方も道が切り開けてきているし、伸びしろがたくさんある私イチオシのこれからの見どころありありアイドル。
個人的には、ぜひバラエティー班で活躍していってほしい。本当に、リトラも、スク革も、圭人の回爆笑だったんで。彼の才能はそこにあり!です。
 
22歳の彼も、豊かな実りある一年となりますように!
本当に誕生日おめでとう!!